事業目的と方針
1.設立理念
 この学園は、児童福祉法に従い、かつ、仏教の実践主義を通して、児童を心豊かに希望と感謝に満ちた健全な社会人に育てることを使命とする。

2.基本方針(養護実践の全体構造)
 児童が自由に意見表明をできて、何の不安も無く生活できるような快適な環境を整える。加えて創設者理念である「強く、正しく、朗らかに」をモットーとして、園長を中心に各職員の協力と指導により、常に心身ともに健康で明朗な生活環境において、学習に励み、勤労意欲を高め、自主独立の精神を涵養する。
 そのために、若松学園は、個々の児童の安心と規律ある生活を目指して、職員集団の連携と指導の統一を図り、次の養護実践を行う。

養護実践
 若松学園では、
  (1)「子ども集団の形成(個の確立)」=「自律心の獲得」
  (2) 基本的生活習慣の形成=「生きる力の獲得」
  (3) 学力保障の支援=「考える力の獲得」
を三つの柱とし、児童の権利に関する条約や児童福祉法などに基づいた生活と権利を守る視点に立った人権尊重とともに、子ども達自らの将来(家庭参加・職業自立などの社会的自立)を見通して、自分の力を出し切れる子に育てる。そして、「育ちあいのできる質の高い集団の育成」に努める。
(1) 子ども集団の形成 (2) 基本的生活習慣の形成 (3) 学力保障の支援
「自律心の獲得」 「生きる力の獲得」 「考える力の獲得」
*遊び、余暇活動の取り組み
*行事の取り組み
*労働体験
*問題行動への対応
*学園のルールの遵守
*職員の適正配置
*安定した生活リズムの形成
*バランスの摂れた栄養保障
*衛生観念の形成
*身の回りの指導
*職員の適正配置
*学習時間の保障と学習指導
*学習時間における職員の適正配置
*学習ボランティアの確保
*学校との連携
(a) 自己理解の深化
(b) 生活規範の確立
(c) 見通しのある生活
(a) 正しい生活習慣の確立
(b) 生活管理能力の拡大
(c) 生活領域の拡大
(a) 自主学習習慣の確立
(b) 基礎学力の獲得(低学力の克服)
(c) 思考活動の活発化
発達に応じた援助指導
(1)幼児期
  ・担当職員とのスキンシップを多く持ち、どんなことがあっても自分を守ってくれるという安心感を与える。
  ・基本的生活習慣?食事、睡眠、排泄、衣類の着脱、片付け?の確立を目指す。
  ・仲間と一緒に生活すること、遊ぶことの楽しさや喜びを味あわせる。
  ・子どもの持つ好奇心を大切に育て、達成感や満足感を持てるように援助する。
(2)小学生期
  ・子どもの話にじっくりと耳を傾け、子どもの気持ちを受け止め、理解する。
  ・集団生活や活動の展開の中で、自分の考えや意見がハッキリと言えるように援助し、それらを聞き取るよう努力する。
  ・仲間を思いやり、お互いが助け合っていくことの大切さを知らせる。
  ・子どもの能力、発達の歪みや到達点を明確に把握し、基礎的な学力を身につけるよう援助する。
(3)中学生期
  ・自らの健康と清潔感に対する自己管理の能力が高まるよう援助する。
  ・スポーツ及び文化等への関心を深め、クラブ活動やサークル活動など、興味・関心に応じて参加させ、このような活動を通じて、友情や親密な人間関係を育てるよう援助する。
  ・身辺の整理の機会をできるだけ与え、自立心を高めるよう援助する。
  ・正しい価値観や適切な判断力が身につくよう援助する。
  ・集団生活をする上での連帯感、相互理解、思いやり、責任感を助長する。
  ・向学心を高めるとともに、高校進学の目標を持たせ、そのための学習指導の援助を行う。
(4)高校生期
  ・自分を理解し、自分の内面世界を豊かにするための援助を行う。
  ・高校生としての体験や学習を通して培った判断力を生かした行動(自己決定への責任)がとれるように援助する。
  ・世の中の動向に関心を持たせ、社会性が身につくよう援助する。
「我々が目指す子ども像」
 創始者理念のモットーである「強く、正しく、朗らかに」を基に、社会性のある心豊かな子に育てる。
○幼児・・・・・・・・健康で明るく元気な子に育てる。
  ・話し言葉の育成(特定な人との関わりを通して、言語の獲得、知的好奇心の育成)
  ・自我の芽生え(3歳の壁への挑戦、身体的・行動の自立、基本的生活習慣の育成を通しての自我形成)
  ・遊びの援助(一人遊びから仲間とのつながりを通しての遊びの確立)
○小学生低学年・・・・考えて、のびのびと生活できる子に育てる。
  ・話し言葉から書き言葉への拡がり(基本的学習能力、具体的思考能力の育成)
○小学生高学年・・・・心豊かで、たくましい子に育てる。
  ・抽象的思考能力の育成(9歳の壁への挑戦、過去と未来、身体と心の主人公)
  ・集団活動を通して、仲間関係及び規律・社会生活能力の育成
○中学生・・・・・・・規律ある生活と豊かな人間関係を築き上げる子に育てる。
  ・言語による表現能力の育成(論理的思考能力・判断力の育成)
  ・自己規律(自己を見つめる力)の育成(主体的自我の形成、知的世界の拡大)
  ・仲間関係・社会関係の中での自己形成(14歳の壁への挑戦)
○高校生・・・・・・・自らの将来を見通して、自分の力を出し切れる子に育てる。
  ・自己の将来展望(職業自立・社会的自立)の実現(17歳の壁への挑戦)
  ・職業観・社会観・人生観の育成